サッカー ユニフォーム 作り方 オンラインストア



サッカー ショップ サッカー ジャージ大会初戦となるカンボジア戦で先発フル出場すると、Jリーグや大学サッカーでプレーする先輩たちにも物怖じすることなく堂々とプレー。年末年始の風物詩となっているこの大会で、一際大きな注目を集める選手がいる。 2年生時の団体戦においてはデータ収集という裏方に徹して1年生部員の筑波に実戦経験を積ませ、西田から競技者として諦めているかに思わせながら勝ち上がると選手に復帰。元日本代表の“元祖ボンバーヘッド”中澤佑二氏や現日本代表主将の吉田麻也が背負っていた、代表センターバックの伝統ナンバー「22」を託されて勇躍してみせた。